導入事例インタビュー

昔ながらの味から最先端スイーツまで楽しめる地元の有名店「れいんぼー」

ICECAPマシン 事例写真

岐阜県可児市の西可児駅より徒歩13分、虹ヶ丘の住宅街の真ん中にお店を構える「れいんぼー」。20年以上、地元の人々に愛され続ける、お好み焼きとたい焼きが自慢のお店です。
今回は、お店のオーナーの田中様に、ICECAP導入の経緯を伺います。

店舗情報

店舗情報 れいんぼー
住所 〒509-0261 岐阜県可児市虹ケ丘6-21
国道41号線を名古屋方面から、虹ヶ丘で右折してすぐ
営業時間 AM10:30~19:00 (定休日:月曜日)
問合せ TEL:0574-65-9507  FAX:0574-65-8845

まずはじめにお店について教えてください。

ICECAPマシン 事例写真

元々事務機器の販売が本業でして、社長の奥様が副業として、岐阜の郷土料理である“五平餅”のお店を、23年前に会社の隣で始めました。
それから、お好み焼きやたい焼きも始め、たい焼きは、昨年日経新聞の「何でもランキング」のたい焼き部門で、全国5位に選ばれました。“安くて美味しい”をコンセプトとして、たい焼きは60円から、お好み焼きは110円から提供しています。2004年にお店を広く改装しまして、今のようにランチなども食べて頂けるお店になりました。

ICECAPマシン 事例写真
ICECAPマシン 事例写真

ICECAPのことを知るきっかけは何でしたか?

ICECAPマシン 事例写真

社長が韓国旅行で、ふわふわなかき氷に出会ったことが一番初めのきっかけです。このかき氷は新しくて面白いと思い、興味を持ちました。メンテナンスの面などを考えた時、機械は日本で購入したいと思ったんです。そして日本で唯一取り扱いのある、ICECAPさんを見つけました。

なぜICECAPのかき氷をお店のメニューに加えようと思ったのですか?

うちのお店は安くて美味しいをコンセプトにしてきたのですが、これからの時代はただ安いだけではダメだと考えていました。付加価値をつけて、ちょっと贅沢したいというお客様に向けたメニューの一つとして、流行のふわふわ・さらさらかき氷は良いのではと思いました。また、これで単価を上げることにより、売り上げUPにも繋がります。岐阜で一番にICECAPさんのかき氷機を導入し、一大ブームを起こそう!と、またこのかき氷ならそれができると思いました。

ICECAPマシン 事例写真

導入の決め手はどのようなポイントでしたか?

ICECAPマシン 事例写真

一番は、味と食感です。ICECAPで作ったかき氷を見た時、さらさらで粉雪のような氷だったので、韓国で食べたかき氷とは違うなと多少驚きがありました。しかし、実際に食べてみて、他とは全く違う食感にさらに驚き、とても美味しいと感じました。これなら売れる!と思いました。

最後に、お客様へのメッセージをお願いします。

昔から皆様に愛されてきた味や商品は、これからも大切にしていきます。同時に、新しい物・事にもどんどん挑戦して、さらにお店を盛り上げていきますので、期待していてください!

取材を終えて

れいんぼーさんのインタビューは、終始笑いの絶えない、和やかなムードで進んだことが印象的でした。オーナーの田中様をはじめ、皆様が温かく迎え入れてくださり、そんな温かさが、長年地元の人に愛され続けるお店の所以なのだと感じました。10月末の岐阜は、少し肌寒くなってきていましたが、自分の田舎に帰ったような、ほっこり温かい気持ちになりました。田中様をはじめ、れいんぼーの皆様、今回はインタビューの貴重なお時間頂きましてありがとうございました。

ICECAPマシン 事例写真


〒105-0011 東京都港区芝公園2-4-1芝パークビル A館 4階
TEL.03-6435-6157

S-cubism Lifelab Corporation all rights reserved.