e

2015年ブーム必至の
「氷を使わない」
ふわふわ系かき氷

お店の看板メニューに加えてみませんか。

果実倶楽部 事例写真
NEWS最新導入事例が公開されました。 - 渋谷区「seat mania」様
News 2015/06/05

日経産業にICE CAP JAPANが掲載されました。

News 2015/04/29

日経MJにICE CAP JAPANが掲載されました。

紙面はコチラからご覧いただけます。

業務用かき氷機のICE CAPは「氷を使わない」
ふわふわ食感、ローコスト、さらに省スペースを実現

 「ICECAP」は今までにないふわふわ感を作り出す業務用かき氷機です。
 韓国ではすでにブームとなっており日本にもそのブームが来ようとしています。
 北極や南極に存在するとされる万年雪 ICECAP(アイスキャップ)-その名を持つICECAP INC.およびICECAPブランドは、
清潔かつ美しく、より自然な氷を皆様に提供するために2000年に設立されました。

製品の情報(仕組み)はコチラ

ICECAP製品動画

ICECAPの3つのポイント
普通のかき氷機と何がちがうの?

ポイント1
氷の買い付け、保管が不要!

ふわふわの美味しいかき氷をつくるには純氷が必要です。純氷は製造の手間と難しさから購入するしかなく、店舗に氷保管用の冷凍庫を設置する必要もありました。業務用かき氷機「ICECAP」は水から氷を作るので氷を買い付ける必要がなくコストとスペースの節約になります。

ポイント2
トレンドのふわふわ食感を誰でも簡単に

ふわふわ感は、氷をどれだけ薄く削るかという技術によって生み出されていました。特殊な製法により、他のかき氷機とは違う圧倒的なふわふわ感を、誰でも、簡単に生み出すことが可能になりました。

ポイント3
-10℃の氷で溶けにくく、提供が容易

かき氷は盛り付けの間に氷が溶け始めてしまう為、作る、運ぶの分業が必要になるなど、店舗のオペレーションに負担をかけていました。業務用かき氷機「ICECAP」は-10℃で溶けづらい氷をつくり、提供が容易な上、最後まで美味しく食べることが可能になりました。

導入事例

渋谷駅から六本木方面に徒歩5分、おしゃれな椅子が並ぶカフェ「seat mania」。

ビターなコーヒーの香りから多様な料理に至るまで、店主が細部にまでのこだわり抜いたカフェ空間は、

五感を満たしてくれるラグジュアリーなカフェです。

今回はそんなおしゃれなカフェにお邪魔し、店長の松野様に業務用かき氷機「ICECAP」導入の経緯を伺って参りました。

まずはご相談。
導入検討などのお問い合わせ

03-6435-6157

(受付 平日9:30~18:30)

無料お問い合わせフォーム


〒105-0011 東京都港区芝公園2-4-1芝パークビル A館 4階
TEL.03-6435-6157

S-cubism Lifelab Corporation all rights reserved.